武蔵野市議会議員 山本あつし Webpage
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 時事

時事

都議会議員選挙

都議会議員選挙注目の武蔵野市選挙区 松下玲子さんへの支援を! 7月2日投票の都議会議員選挙で、定数1の武蔵野市選挙区が注目されています。 立候補予定者は3名。自民党公認の現職島崎よしじ氏と民進党公認の前職松下玲子氏、そし …

2017年5月ニュースを発行

「市財政の現状と見通しについて」 「2017年5月 福島 (大熊町、双葉町) 以下のリンクからダウンロードできます。 http://atsushimusashino.waterblue.ws/wordpress/wp-c …

政治を志す若い方へ

政治を志す若い方へ 都議選の予定候補者も出そろってきたようです。 いろんなことが頭をよぎります。 政治家の能力は、高ければ高いほどいいと思います。 政治家は有能であるべきです。 そして、自立自考。 独立心の高いことは、非 …

代表質問骨子(その2)

以下の内容を、代表質問骨子に追加。 2017年3月代表質問骨子_その2 4、新たなコミュニティ構築についての視点 (1)地域における社会資源の豊富化についての理解の共有 ア、介護保険制度を中心とする高齢・地域包括ケア分野 …

2017年3月市議会における代表質問を通告

代表質問は本来通告制ではないが、答弁を事前に準備してほしいため、通告しました。 各項目についての市長の答弁を求めるものです。(質問は2月24日金曜日に行われます) 2017年3月市議会 「空」代表質問 事前通告 by山本 …

一汁一菜でよいという提案

この年末年始で読んだ本の中では一番心に残りました。 おすすめです。

グローバリゼーションに適応し損ねる、とは?

毎日新聞1月7日朝刊「日本発(中)」に、櫻田淳東洋学園大学教授の寄稿が掲載されています。題して「刹那的利益、露骨に追求」。 中段から引用すると「トランプの登場にせよ、英国のEU離脱を招いた国民投票の結果にせよ、そこに反映 …

ネオリベラリズムと個人の自立

エマニュエル・トッド 「問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論」 「3、トッドの歴史の方法」より ・・・・ 「しばしば『個人』と『国家』は対立させられますが、国家が大きな役割を果たすことと、核家族システムの …

公共施設等総合管理計画、PPP、規制緩和等の問題点について

武蔵境駅 北口市有地で市が進めているPPP(公民連携)の手法を使った施設整備(市政センターが入る二階建ての商業施設)について、12月議会に事業の見直しを求める陳情が審議され、大きな議論になりました。陳情は反対多数(賛成は …

これから

今日、遠くより知人が議会を訪ねてきた。 小池百合子の評価を聞きたいという。彼女は昨日までの塾に参加してきた。 僕は、小池に綱領も立場性もないと思っていたけど、昨日の竹中平蔵講師招聘で方向性を出したのではないかと思っている …

Page 1 / 512»
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGETOP
Copyright © 武蔵野市議会議員 山本あつし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.