若者の貧困についての、問題提起     

 階層分析の必要性

・ 所得階層の分析・・・貧困率、貧困階層の量的把握(20歳代、30歳代)

非課税世帯(一人世帯)

正規雇用・非正規雇用の比率(20歳代では半々?)

無職

・ くらし・・・ひとりぐらし、親世代との同居、既婚(所得階層は二極分化?)

・ 高校入学以降の進路の追跡

・ 市内アパート・ワンルームマンションの量、家賃や居住状況の把握

(高齢者・障害者の実態把握に比して、極めて立ち遅れている)

 街のようす

・ 夜の吉祥寺・・・終電後帰らなくてもいい街・・・どれぐらいの人が滞在しているか

ネットカフェ、漫画喫茶、ビデオBOX、ネットルーム、カラオケ

違法、脱法施設の存在

・ 孤立している人が増えているのが、昔と非常に異なるところ。

・ ホームレス、路上生活者についての正確な把握

パトロールとの情報共有、連携

実際の調査の必要性

営業・事業者への指導・監督の権限等精査

 今後の事業の可能性

・ 若者サポート事業の現状、今後の発展性

・ 生活困窮者自立支援法の方向性を活かし、積極的な取り組み

・ 商店会、事業者などとの連携

・ 若者サポートステーションを吉祥寺に常設