武蔵野市議会議員 山本あつし Webpage

私は、自由な社会に暮らしたいと考えます。

恣意的な権力行使が行われない社会であってほしいと、世界中がそうであってほしいと。

現在の日本の議院内閣制で限界があると思うのは、議員活動の延長で大臣を務めたり首相になったりしているのではということです。

権力を行使する立場に立ったら、その権力を使って自分の意見を実現できると単純に考えているのではないかと。

議員はそれぞれの政治・思想を言葉と行動にして政治活動をすることが必要です。議会意思は、個々の議員の多様な意見の総合として形成されていきます。これも、数の論理で進められるとゆがんでしまうのですが。

首相や大臣は「個」が権力を持ちます。しかしそれは、憲法と法律に基づいて与えられたものであり、有権者の選択に基づいて(各々の支持者の選択ではなく)与えられたものです。その点について今の政治家は、特に自民党の政治家は極めて大きな間違いと誤解をしていると考えます。

ですので、現在の政治の進む方向についてとても危惧しています。

少しでもまともな、公的な責任を自覚した政治を作るために努力したいと考えます。

このサイトを通じて、主には地域の具体的な問題について、しかしできるだけ広い視野をもって提案し、ご意見を伺いたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

Blog

2019年9月市議会一般質問速記録・・情報公開と公文書管理等について

○13番(山本あつし君)  それでは、一般質問をします。題名としては、情報公開及び公文書管理のあり方等についてという内容です。  大きくは4点です。まず最初に、情報公開のあり方について。  1、武蔵野市情報公開条例に基づ …

2019年9月ニュースを発行

おもて面・・情報公開と公文書管理について 裏面・・マイナンバーカードの行方 情報公開と公文書管理について  「記録を残すのは、大げさに言えば歴史を積み上げている。その石垣は一つ一つがちゃんとした石じゃないと困る。正確な文 …

2019年9月市議会一般質問を通告・・情報公開と公文書管理のあり方等について

市政に関する一般質問通告書  9月3日開会の第3回武蔵野市議会定例会で、下記のことを 市長・教育長に質問したいから通告する。 件名 情報公開、公文書管理のあり方等について (1)情報公開のあり方について 1、武蔵野市情報 …

PAGETOP
Copyright © 武蔵野市議会議員 山本あつし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.